新着情報

広告主・代理店の方へ

アプリ内ビデオ広告

AppVadorのSDKをインストールしたiPhone/Androidアプリにビデオ広告を配信できます。特定の規模に留まることなく大規模なビデオ広告の配信が可能です。

広告枠のIn-View率100%保証

露出による広告認知を最大化するためにすべてのビデオ広告はアプリ内に固定設置された広告枠だけに配信されます。スクリーン外の広告枠には配信されません。

モバイルだからTVの前にいないシーンでも

いつでもどこへでも持ち歩くスマートフォンだからこそ、時間と場所を選ばずブランドメッセージを届けることができます。

フルスクリーン、自動再生、音声ON

スクリーン占有率100%の音声ありビデオ広告が生み出す認知の力は、モバイル静止画広告をはるかに上回ります。

AppVador紹介ムービー

AppVadorへの広告出稿のご相談

広告出稿・プランニングに関するご相談は下記の広告代理店様へお問い合わせくださいませ。

AppVadorお取り扱いのご相談、広告商品資料のお取り寄せ

以下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。弊社担当よりご連絡いたします。

お問い合わせ

パブリッシャーの方へ

安定的に収益をあげられる再生課金

「AppVador」はクリックなどの成果に関わらず、動画を表示させるだけで収益が発生する「再生課金」による収益体系となっています。

スマートフォン標準サイズと 動画ならではの16:9サイズの 広告枠

バナー:320×50
ビッグバナー:320×100
レクタングル:300×250
インタースティシャル:全画面(16:9)
ワイドビュー:300×168以上(16:9)

高い広告効果を実現できるリッチアドならではの圧倒的な高単価案件の配信

静止画に比べ、高い広告効果(CTR・CVR)を実現できる動画広告だから、高単価な広告案件の配信が可能となっています。

広告切れでも機会損失を 生まない「在庫切れ通知機能」

万一、動画広告の在庫を切らしている時でも、「AppVadror」以外のSDKもしくは、JSタグを自動的に呼び出せる機能が備わっているため、機会損失を生まずに広告運用を行うことが可能です。

パブリッシャーアカウント開設

AppVadorのビデオ広告SDK/JSタグの導入をご検討のパブリッシャー様は以下のフォームからアカウント開設申請を行ってください

個人の方は、会社名に「個人事業主」とご入力ください。

*
*
*
*

当フォームの送信をもちまして、AppVadorメディアパートナー契約およびプライバシーポリシーへの同意とさせていただきます。

お問い合わせ

アップベイダー株式会社

〒107-0062 東京都港区南青山5-4-35 たつむらビル3F
info@appvador.com
03-6365-7002

*
*
*

FAQ

1.アップベイダーの動画広告はPCにもスマートフォンにも対応していますか?

スマートフォンのみの対応となっており、スマートフォンアプリ(iOS/Android)とスマートフォン最適化サイトに動画広告枠を導入いただけます。
SDKまたは、JSタグによる実装が可能です。

2.再生課金の収益発生の条件を詳しく教えてください。

広告枠の50%以上が画面内に入り、1秒以上動画が再生された時点で収益が発生となります。

3.特定のキャンペーンの掲載拒否は可能ですか?

管理画面より、掲載を許可しない広告の業種を選択することができます。

4.広告枠は1画面あたりいくつまで設置できますか?

【オーバーレイ】
1画面につき1つまでの設置とさせていただいております。
【インライン】
1ページ内に複数の設置が可能です。ただし、同一画面内で2つ以上の広告枠が表示される実装は不可とさせていただいております。

運営会社

アップベイダー株式会社
AppVador Inc.
2013年12月12日設立
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-35 たつむらビル3F

03-6365-7002

「AppVador」とは、急速に増加しているスマートフォンを持つ生活者と、広告主様が目指すブランド・商品およびサービスの広告認知・ブランド認知のコミュニケーションの円滑化を、ビデオ広告を用いて実現する広告インフラストラクチャーとなるアドネットワークです。生活者がスマートフォンを利用する電車内、ショッピングの合間、ベッドの中あるいはテレビを見ながら等々、様々なシーンを広告コミュニケーションのコンタクトポイント化し、広告主様と生活者のコミュニケーションの円滑化を目指します。

弊社は、「スマートフォンアプリ広告の新しいカタチを発明し、明日のスタンダードとなりうる広告ビジネスを構築する」ことをミッションとしています。

代表取締役社長 佐野 宏英

Hirohide Sano

CEO, CTO

Ken Alex Horiguchi

ACCOUNT EXECUTIVE

Jo Yamauchi

ACCOUNT EXECUTIVE

Akihide Imamura

SOFTWARE ENGINEER

Yasuaki Adachi

CREATIVE PRODUCER